レーシック後には感染症が発生することも

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。



レーシック後には感染症が発生することもブログ:2017-8-19

みなさん
コニチワー(外人風

みなさんはおもちを食べる時に、何をつけて食べますか?

人によって好みがあるでしょうが、
減量中なら、
僕は「きなこ」をお勧めします。

「きなこ」って、
減量効果が期待できるんですよね!

「きなこ」は、大豆から作られています。
大豆には、減量にとって大きな効果を発揮する
栄養素が豊富に含まれているんです。

まずは大豆には、ビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンBというのは、
脂肪や糖分の代謝を促進する働きがあります。
脂肪にしても糖分にしても、減量の天敵ですよね。

また、減量をする時には、
筋肉を維持することも必要となってきます。
身体の中で消費するエネルギーの量が最も多いのが
筋肉といわれているからです。

筋肉の材料となっているのは、タンパク質です。

大豆にはタンパク質が豊富に含まれているので、
減量中は、積極的に摂取をしたい食材というわけです。

なので、減量中、おもちにつけるなら
「きなこ」がお勧めなんです!

でも、おもちの場合、
どうしても炭水化物が多く、
糖分を余分に摂取してしまう恐れがあります。

ですから、
おもちの炭水化物の分と「きなこ」のビタミンBでチャラになって、
実質的な減量の効果が
少なくなってしまうかもしれませんね。

ならば、他の食材と組み合わせてみてはどうでしょう?

例えば…
寒天とかヨーグルトなどは脂肪や糖分が少なく、健康にもいいですから、
減量中、おススメの食べ合わせと言えるかもしれません。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。